このサイトではチャペルと教会の違いについての記載があります。
それぞれの施設で結婚式をするメリットにも言及されています。
両者の相違点は宗教的な意味の有無にあることも詳しく書かれています。
当サイトの生地を読めば、どちらが雰囲気が荘厳なのかもわかります。
さらに、どちらの挙式の方が儀式感が強いかも書かれており、挙式会場選びの参考にできます。
一生に一度の大切なイベントだからこそ、想い出に長く残る結婚式にしたいものです。

チャペルと教会の違い

チャペルと教会の違い キリスト教式の結婚式では、挙式会場として教会とチャペルがあります。
そこは信者が集まる場所で、礼拝や祈りが捧げられるところです。
この場所では結婚式をはじめ葬儀なども執り行われるのが一般的です。
聖堂や礼拝堂も教会に分類され、牧師や司祭が司式を執り行うことになります。
一方、チャペルの方はキリスト教式をモチーフにした挙式専用施設です。
当施設では教会と違い結婚式のみ執り行われ、葬儀などがなされることはありません。
勿論信者が集まることもなく、商業ベースで営まれるのが通例です。
チャペルによっては、外部から牧師を招いて挙式を行うことも少なくありません。
規模の大きな施設では、専用の牧師や司祭が常駐していることもあります。

実は知らなかった?チャペルと教会の違いとは

実は知らなかった?チャペルと教会の違いとは 結婚式には、さまざまな希望があるものです。
海外での挙式を夢見るカップルや、静かな教会での挙式を望むふたりもいるでしょう。
実はチャペルと教会は、違いがあるということをご存知でしょうか。
チャペルは日本・海外共通して「結婚式を挙げるための場所」なのです。
そのため、建物自体も新しいものが多くガラス張りの窓が大きかったり、美しいステンドグラスが飾られている場所がたくさんあります。
きれいな内装や外装、写真映えする見た目のものはチャペルであることがほとんどです。
海外では海が見える場所などに建てられ、ロマンチックな気分に浸ることが出来ます。
一方教会はというと、信者が礼拝を行うための建物ということになります。
海外の場合は、日曜にはキリスト教の礼拝が行われることが多く、基本的に結婚式を行うことは出来ません。
挙式の予定を入れておいても、突然のお葬式などがあればそちらが優先されますので、注意が必要です。
ですが歴史や重厚感があり神秘的な雰囲気が漂うのがこの場所の魅力でもあります。
周辺の地域の人々が通いやすいよう、町の中心にある場合も多くアクセスが良いというメリットもありますので、自分たちのスタイルと参加者の都合などを考え選ぶ必要があります。

チャペルのある教会での二人だけの結婚式の魅力

結婚式を挙げたいけれど、ゲストを招待することは考えていないというのであれば、チャペルのある教会で新郎新婦二人だけの結婚式をするのも良いかも知れません。2人だけで行う結婚式の魅力には、日にちを優先して自分たちの希望するときに出来るというメリットがあります。
ゲストを招待するとなると、ゲストの都合を考えて日程を選ばなくてはなりません。しかし二人だけでするのならそのような必要はないのが魅力です。例えば思い立ってすぐしたい場合でも、予約ができたらチャペルのある教会ですぐできることがあります。
また自分たちが納得できるのなら仏滅をはじめとしたお日柄を気にせずに、日にちを決めることもできるでしょう。
さらに自宅から遠いところにある場所で結婚式をするという場合でも、費用を抑えて行うことができます。ゲストを招待するとなると、ゲストの旅費を持つことも考えなくてはなりませんが、二人だけの結婚式ならそのような悩みも無用です。

教会のチャペルは挙式できない曜日が存在する?

基本的に結婚式場やホテルなどであれば、そのホテル内の教会などは挙式できない曜日は存在しません。どの曜日であっても受付をしていることがほとんどですし、予約状況によりけりといったところでしょう。しかしこれが一般的な教会となりますと話は別です。チャペルでは礼拝を行っているところもありますが、その曜日は日曜日です。
ですから日曜日にチャペルを礼拝する際に使用しているという事であれば、挙式の受付をしていないケースも有ります。憧れのチャペルで結婚式を挙げたいと思っていても、其場所が礼拝場で使われていると日曜日にあげられなくなりますので事前に知っておくことが大事です。
そういった情報はそれぞれの場所に問い合わせをすると分かりますが、ホームページなどで掲載されていることが多いです。まずはネットで調べてみる事をお勧めします。
それ以外で挙式できない曜日というのは基本的にはありませんが、それぞれの施設によりけりです。

チャペルと教会の収容人数の違いはどこにある

キリスト教式の挙式を行うカップルの中には、教会とチャペルのどちらで挙げたらいいのか迷っている人も少なくありません。招待客の人数と収容人数から選択することが望ましいといわれていますので、参考にしてください。
一般的に教会は数百年以上の歴史を誇る伝統的な建物など、海外では日本の神社仏閣と同様に、荘厳な施設です。地元の信者が定期的に礼拝を行うために訪れる場所となっています。収容人数は100人から数百人のところもありました。
市街地の中にあることも多く、駅から徒歩でたどり着けることも少なくありません。基本的に日曜日はどこでも礼拝を行うため、式を行うことはできないと考えてください。
対して日本でのチャペルの位置づけは、結婚式を行う施設と考えられています。結婚式に特化したスペースとなっており、オーシャンビューや壁全体がガラス張りであるなど、内装や外装にこだわりを持って建てられていることが多いのも特徴の一つです。
収容できる人数は30人から100人前後の所が多く、あくまでも挙式に参列する人のみが参加できる人数を収納できるといえます。

教会のチャペルでの結婚式は撮影NGなのか

教会のチャペルで挙げる結婚式は雰囲気が良くて魅力的ですが、同時に一方では撮影NGの印象があるのではないでしょうか。結局のところ、チャペルでの撮影は教会によってルールが異なりますし、式の最中は撮影NGでも、それ以外ならOKというところもあります。
厳格なチャペルだと撮影そのものができなかったりしますが、完全にNGとする厳しいところは限られます。とはいえ、ルールを守らないと式の雰囲気を壊しかねませんし、今後利用が禁じられる恐れがあるので、納得できなくてもルールに従うことが大切です。
雰囲気が重要で本物のチャペルかどうか問わないのであれば、そういう場所を提供している撮影スタジオの利用を検討する方が現実的です。何が何でも本物にこだわるなら、ルールを守る必要がありますし、撮影が認められる場所を探す他ないです。
しかし、参列者はNGでもカメラマンはOKというところは多いので、腕の良いカメラマンにお願いして、希望の写真を撮ってもらうのが正解ではないでしょうか。

日本の結婚式に見られるチャペルと教会宗派について

海外では、結婚式というと自分の信教のルールや規律にのっとって、挙式する文化があります。キリスト教であれば教会宗派が問われ、プロテスタントとカトリックなどによっても多少挙式の執り行い方が異なります。
しかし、キリスト教の場合はチャペルで愛を誓うのは共通しています。一方日本は、仏教であろうと新興宗教であろうと、教会や宗派に関係なくほとんどの人がチャペルで結婚式を行います。
いわば日本人にとってチャペルはロマンティックな結婚演出と捉える人も珍しくなく、キリスト教の神聖でロマンティックな雰囲気に憧れ宗教に関係なくそこで愛を誓うのです。そのためどこの老舗ホテルや結婚式場でもチャペルが併設されていますが、結婚する夫婦にスタッフが信教や会派を問うことは一切ありません。
挙式当日になって生まれて初めて聖書の教えを聞いたり、聖歌を歌う人も珍しくなく、これは日本独特の結婚式にまつわる慣習や習慣ともいえるのでしょう。

おすすめの結婚式情報サイト

チャペル挙式は大阪で

新着情報

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>チャペルのある教会での二人だけの結婚式の魅力
>教会のチャペルは挙式できない曜日が存在する?
>チャペルと教会の収容人数の違いはどこにある
>教会のチャペルでの結婚式は撮影NGなのか
>日本の結婚式に見られるチャペルと教会宗派について

◎2021/5/25

式場選びはチャペルが重要
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

チャペル結婚式の流れ
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 式」
に関連するツイート
Twitter

返信先:そうなんですね! カトリックの世俗観と本当の意味での共産主義は似通っている様に感じます。 初代教会の時はキリスト教共産主義がなされていたそうですし。 山手教会で支部会議してたのですか?

結婚式を挙げるなら、小さな教会で静かにやりたいですね。でも勘違いしないでください。を挙げるにしても、挙げないにしても、あなたが傍にいればオレはしあわせなんです。

教会式の葬儀にはじまる、 神道でも仏教でもないものを見て 「成仏」って言葉を使うやつとは あんまり精神的な話はしたくないって ときどき思う

返信先:他2人はガンジス川の沿いある教会で行います

3日(現地時間)、イスラエル・ベツレヘムのイエス誕生教会の隣の広場では、大型クリスマスツリーの点灯が行われた。 「十字架の道」を歩きながらイエスの苦難に思いを馳せる