チャペルではなく教会で結婚式をするメリット

チャペルではなく教会で結婚式をするメリット チャペルではなく教会で結婚式をするメリットは、正式なキリスト教の洗礼を受けて神からの祝福を受けて、結婚できるということです。
チャペルは可愛いですが、正式なミサなどを行う建物ではないので、宗教的な意味合いはあまり持たず、公民館のような役割をする場所です。
ですから宗教的な儀式なども行っていない分規制も少なく自由に使えるのがメリットですが、厳粛でもないので、式も厳かな感じがしないでしょう。
しかしながら、チャペルではなく教会で結婚式を行うなら1週間前からミサに参加するなどの行事参加も必要になることがあるので、仕事が忙しかったり結婚式にゆっくり準備をかけられない人にしてみれば敷居が高いように感じるかもしれません。
また、無宗教の人にしてみればいきなりキリスト教のことを学ぶようになるので、そうした宗教的なことを意識せずに手軽に結婚式を行いたい、という人であればチャペルのほうが利用しやすく感じるかもしれません。

チャペルや教会での結婚式のメリットとデメリットについて

チャペルや教会での結婚式のメリットとデメリットについて チャペルでの結婚式は我が国においても人気が高く、式を本物の教会やチャペルで挙げようと思う人も多いです。
実際に式を挙げる場合、いくつかのメリットがあります。
一般的な結婚式と披露宴を結婚式場やホテルで行う場合、挙式のみでは30万円前後であり披露宴を合わせるとおよそ300万円かかります。
挙式のみ行うのであれば、20万円から30万円で可能な場合が多く、披露宴を別の場所で行ってしかもある程度抑えた形態で行えれば、総額で費用の削減が実現できます。
式と披露宴の場所が別になることで、組み合わせやプランの幅が広がり、自分たちなりのこだわりの式が挙げられることも期待できます。
半面、一般的な式で行われる結婚式場やホテルのスタッフによる演出や進行の支援はないので、すべてを自分たちで行う必要があります。
また、教会がキリスト教の信者のみを受け入れる施設であるのかなども注意しなければなりません。
挙式が可能であっても、事前にキリスト教についての講習を受けることを求められるかもしれません。
このようなメリットとデメリットはあるものの一生に一度の式ですので、熟慮を重ねたうえでどのような形態で行うのかを考えるべきであります。

新着情報

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>チャペルのある教会での二人だけの結婚式の魅力
>教会のチャペルは挙式できない曜日が存在する?
>チャペルと教会の収容人数の違いはどこにある
>教会のチャペルでの結婚式は撮影NGなのか
>日本の結婚式に見られるチャペルと教会宗派について

◎2021/5/25

式場選びはチャペルが重要
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

チャペル結婚式の流れ
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

教会での挙式の方が儀式感が強い
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

教会のほうが雰囲気は荘厳
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「教会 メリット」
に関連するツイート
Twitter

自民統一教会党~このカルト党を擁護する者達。NHK、朝日新聞、毎日新聞、御用学者、御用芸人、これら一体何のメリットがあるんだろう。それとも教会に関係していて洗脳されている?~NHKは絶対深~い関係が有ると思うね!~否、朝日、毎日もそうなのか?~

返信先:あえて統一教会のメリットを挙げるならば、会合に顔やメッセージ(祝電等)を出す=教会と政治は強い繋がりが有ると情弱信者にアピール出来る。政治家にとっても票の取り纏めを請願し易いかと?

テレビで頻繁に某教会とか某海底トンネルが報道されてるようですが、ああいう他国と日本を繋げるトンネルはいらない派。 島国でどことも地続きになってないのはメリットもあるんだからどこにも繋げなくていいです。 海底トンネル作りたいなら日本国内繋げるだけで充分でしょ…

アベさんとつながりがある、とアピールする教会側のメリットは沢山ありそうだから、カネをかける意義はありそう。 内閣総理大臣のような一見立派な人も支援していたわが教団!みたいなアピールとか。

返信先:判決文の内容も知らずに婚姻届を無理矢理書かせたとか言ってたのは君でしょ🥹僕は合同結婚式参加までのプロセスを知ってるし信者を無理矢理結婚させることに教会側のメリットが何ひとつないことも知ってるので。